テキサス・インスツルメンツ社製
“CC430 Family”をご検討のお客様へ


CC430 Familyに 対応する32.768 kHz水晶振動子をご案内いたします。
ご検討中のお客様は以下をご覧ください。

“CC430 Family”の製品情報は、こちらをご覧ください。
(テキサス・インスツルメンツ社のホームページにリンクします。)

発振回路設計時の確認事項

水晶発振回路の設計においては、次の3つの特性について確認が必要です。

① 励振レベル(ドライブレベル)
発振安定性を確認します。また振動子の仕様値内である必要があります。

② 発振余裕度、負性抵抗値
発振能力を確認します。
負性抵抗値(-R)/振動子直列抵抗値(ESR)>5 の条件をお奨めします。

③ 励振レベル(ドライブレベル)
発振安定性を確認します。また振動子の仕様値内である必要があります。

各特性の詳細は、こちらをご参照ください。
http://www5.epsondevice.com/ja/information/precaution/design.html

水晶振動子の選択ガイド

水晶振動子の選択の際には負荷容量(CL)値が大きな要素になります。
下の図のように低いCL(7.0pF)では発振余裕度は良くなり電流値が低下しますが、周波数安定度*は低下します。
逆に高いCL(12.5pF)では発振余裕度は低下しますが、発振回路に十分電流を与えると同時に周波数安定度*は向上します。
これらの特性を考慮して選択してください。

 *周波数安定度:回路や回路素子等のバラツキに対する周波数変動

水晶振動子の選択ガイド

セイコーエプソンの水晶振動子ラインナップ

製品名サイズ [mm]主なアプリケーション例製品イメージ
MC-306 8×3.8×2.5t 電気、ガス、水道メータ、流量計
インテリジェント・センサ、計測機器
血圧計、血糖値計
セキュリティー・システム
MC306
MC-146 7×1.5×1.4t DSC、民生機器、小電力無線機器
血圧計、血糖値計
セキュリティー・システム
MC146
FC-135
3.2×1.5×0.8t
PMP、DSC、小型携帯機器 FC135

CC430 Family の発振回路構成と水晶振動子の選択

F5xx,F6xx

CC430 F5137, F6137 のCrystal Oscillator設定と対応する水晶振動子のCL値

XCAPx value
(integrated effective load)
Crystal unit
equivalent CL values
(pF)
32.768 kHz 水晶振動子の製品型番 *1
CL
(pF)
MC-306 MC-146 FC-135
XCAPx=0
(2pF Typ.)
外付けコンデンサが必要 - 外付けコンデンサとの組合せを考慮して
    水晶振動子を選択してください
XCAPx=1
(5.5pF typ)
7 7 Q13MC30610004 Q13MC14610001 Q13FC13500002
XCAPx=2
(8.5pF typ)
12.5 12.5 Q13MC30610003 Q13MC14610002 Q13FC13500004
XCAPx=3
default (12pF typ)
- - - - -

*1:製品型番:複雑な仕様をコード化した番号で、下2桁は梱包仕様です。(00:標準梱包)詳細については、 こちらでご確認ください。

推奨する水晶振動子のCL値およびCC430 F5137, F6137のXCAPx 設定値および効果

No. Crystal CL Value
(pF)
XCAP value
(integrated effective load typ.)
長所 短所
1 12.5 XCAPx=2 (8.5pF) 周波数の安定性向上 消費電流増加
発振開始時間増大
2 7 XCAPx=1 (5.5pF) 低消費電流 基板レイアウト、外部容量の変化に対して
周波数安定性が低下

備考:
CC430F5xx, F6xx内のXT1DRIVEの設定によりOscillation Allowance および発振電流を制御することができます。

注意事項

・本記載内容は、お客様に適正部品の選択をして頂くための設計参照情報です。ICメーカー様よりご提供頂いたセットのみでの
 評価結果となっており、ICおよび周辺部品のバラツキ等の影響は考慮されておりません。
・弊社では本記載内容を保証いたしかねますので、ご了承ください。
・発振回路の特性は配線パターン等の影響により変化いたしますので、お客様の基板上でご評価頂き、
 発振回路の定数を決定してください。

基板設計時の注意

信号および水晶振動子、コンデンサ、抵抗の配置
・水晶振動子、コンデンサ、抵抗は、なるべくIC の近くに配置してください。
・配線はなるべく短くし、他の信号線と交差させないでください。

For 32kHz Crystal unit

基板平面図
※Vccが2.5Vより低下する場合にはXOUT、GND間に抵抗(5.1MΩ)を挿入

GND配線、基板内配線
・水晶振動子の下部となる基板面はGNDを配置してください。
・多層基板の場合、水晶振動子の下部となる内層に他の信号線を配置しないでください。

基板断面図(多層基板の場合)


Page Top