環境活動方針

セイコーエプソン マイクロデバイス事業部 宮崎エプソン 環境活動方針

QMEMS技術を軸とした『省・小・精』の技術の追求による先進的な環境活動を推進し、環境負荷の低減をお客様価値として提供します。

  1. 『省・小・精』を極めた水晶デバイス製品およびその関連製品の創出・提供、および環境負荷低減と生産性向上を両立するプロセスの構築と革新に取り組みます。
  2. 環境関連法規・条例および当社が同意したその他の要求事項を遵守することはもとより、必要に応じ自主基準を設け、環境活動の継続的改善によって汚染の予防をはかります。
  3. 環境目的・目標を設定して活動に取り組むとともに、環境管理システムの見直しを定期的に行い、環境活動のレベルの向上に努めます。
  4. 地域との交流および社会貢献活動を通じて、地域の環境保全に努めます。
  5. 環境活動の取り組みについて社内外に情報を公開し、地域社会および関係する人々との信頼関係の構築に努め、社会の発展に貢献します。

この方針は文書化し、全従業員はもとより当事業に従事する全ての人に周知徹底すると共に、社外への公開を行います。

2005年10月1日 制定
2007年7月31日 改定
2010年6月22日 改定
2011年 9月1日 改定
2012年7月1日 改定
2013年4月1日 改定


Page Top