リアルタイムクロックFAQ

I2C-bus共通

  • Q I2C-Busの製品においてクロックストレッチ機能を搭載した製品はありますか?
  • A 弊社製品ではクロックストレッチ機能を搭載した製品はございません。
  • Q バックアップ動作時にリアルタイムクロックモジュール以外の周辺ICの電源が落ちてSCL,SDAの 端子電圧レベルが0Vになったとき、SCL端子,SDA端子からリーク電流の発生はありますか?
  • A SCL,SDAからのリーク電流の発生はありません。但し、データ出力中のSDA端子は出力負荷に応じたリーク電流が発生しますがその後のI2Cタイムアウト時点で出力停止となりリーク電流は消滅します。SCL端子は入力端子のため、出力リーク電流は発生しません。
  • Q バックアップ時は、SCL端子,SDA端子を プルアップする必要がありますか?
  • A バックアップ時にプルアップを行う必要はありません。バックアップ時のSCL端子,SDA端子は、フローティング(または VDDレベル, GNDレベル)でも使用できます。但し、中間電位が入力されないようにご注意ください。
  • Q アプリケーションマニュアルにアクセス時の注意事項として「1秒以上の時間がかかった場合は内部のBUSタイムアウト機能によりI2C-BUSインタフェースがリセットされます。」とあるが具体的にはどのような状態になりますか?
  • A SCL,SDAが、共に入力状態に移行してスタート条件待ちとなります。リセットにより終了された通信は再開できませんので、スタートコンディションの送信から改めて通信を行ってください。
    また書込み中のデータは8ビット毎のACKビットのクロックタイミングで書き込まれています。ACKに到達していないデータは書き込まれていません。

Page Top