リアルタイムクロックFAQ

RTC-4543SA/SB

  • Q 初期電源投入時のFDTビットは"0"と"1"のどちらになりますか?
  • A "1"となります。電源電圧検出ビット(FDTビット)は初期電源投入時(0VからのVDD立上げ及び1.7V±0.3V以下からの復帰時)は"1"となります。
  • Q 初期電源投入後、時計カレンダレジスタの設定ができるまでの時間を教えてください。
  • A 時計カレンダレジスタの設定ができるまでの時間は内蔵の水晶振動子が発振するまでの時間として最大約3秒が必要です。仕様上では3秒ですが常温実力は約1秒以内で発振開始します。
  • Q 供給電圧の低下がない状態でもFDTビットが"1"となることはありますか?
  • A 仕様範囲内の条件であればFDTビットがセットされる事はありません。
    入出力端子電圧が対最大定格を超えた場合はFDTビットが反転してしまう可能性が有ります。
    ただし定格オーバーはFDTに限らず内部データが不定に変化したり、デバイス破壊を招く場合が有りますのでご注意ください。
  • Q DC特性の出力電圧(VOL)仕様は5V=GND+0.5V Max.3V=GND+0.8V Max.となっています。5V時の方が電圧上昇が少ないのですがこの規定で間違いないですか?
  • A 間違いありません。出力電圧(VOL)仕様は、高負荷(負荷電流1mA)を想定し、出力能力が低下する低電圧側においてよりLO出力電圧が上昇する特性を示しております。
    負荷電流が100μA程度の条件であれば、GND+0.1V以内の実力はあります。
    リアルタイムクロックモジュールの接続先の電流条件をご確認いただき、ご検討ください。
  • Q 配線パターン設計で注意する点はありますか?
    (対象:SAパッケージ)

  • A アプリケーションマニュアルの取り扱い上の注意事項をご確認願います。
    またSAタイプとSJタイプにつきまして、pdf補足説明資料を合わせてご確認願います。

Page Top