音叉型水晶振動子

超小型音叉型水晶振動子・超小型リアルタイムクロックモジュール

フォトリソ技術による振動片の3次元立体加工
従来構造(左図)のまま小型化すると、電極(赤い部分)の面積が小さくなります。
QMEMS技術により、H状の溝構造を形成することで、電極面積を確保し電解効率をアップしました。(右図)

これにより小型でも従来サイズと同レベルの低CI値を実現できました。

超小型音叉型水晶振動子・超小型リアルタイムクロックモジュールの代表製品

kHz帯水晶振動子


FC-12M
2.05×1.2×0.6t (mm)


FC-135 / FC-135R
3.2×1.5×0.8t (mm)


FC-255M
4.9×1.8×0.8t (mm)


水晶発振器

SPXO


SG-3030CM
3.2×1.5×0.9t (mm)


SG-3030LC
3.6×2.8×1.2t (mm)


SG-3040LC
3.6×2.8×1.2t (mm)


リアルタイムクロックモジュール


RX8900CE
3.2×2.5×1.0t (mm) Max.


RX8130CE
3.2×2.5×1.0t (mm) Max.


RX-4574LC
3.6×2.8×1.2t (mm) Max.


RX-4571LC
3.6×2.8×1.2t (mm) Max.



Page Top