SG-8504CA 4周波セレクタブルプログラマブル水晶発振器 (SPXO)

SG-8504CASG-8504CA

Complies with EU RoHS directive.Pb free.

  • 周波数範囲
    :50MHz to 800MHz
  • 電源電圧
    :2.5V to 3.3V
  • 外形寸法
    :7.0 × 5.0 × 1.5mm (8pins)
  • 特徴
    :4種類の出力周波数を指定可能(FSEL0, FSEL1)
    :ユーザーにて周波数選択可能
    :基本波発振
    :低ジッタPLL技術採用
  • 推奨用途
    :光伝送装置、無線基地局、試験・計測機器

仕様(特性)

項目 記号 仕様 条件
出力周波数範囲 f0 50MHz to 800MHz -
電源電圧 VCC 2.5V-0.125V to 3.3V +0.33V -
保存温度 T_stg -55°C to +125°C 単品での保存
動作温度 T_use -40°C to +85°C -
周波数許容偏差*1 f_tol ±31.5 × 10-6 カスタム品 (オプション)
±50 × 10-6  
消費電流 ICC 90mA Max. OE Active, L_ECL=50 Ω
ディセーブル時電流 I_dis 40mA Max. OE Inactive, Output Standby: Hi-Z mode
70mA Max. OE Inactive, Output Standby: Fix mode
波形シンメトリ SYM 45% to 55% At outputs crossing point
出力電圧 VOH VCC - 1.025 V Min. DC特性
VOL VCC - 1.62 V Min.
出力負荷条件 L_ECL 50 Ω VCC - 2.0 Vに終端
入力電圧 VIH 70% VCC Min. OE, FSEL
VIL 30% VCC Max.
立ち上がり/
立ち下がり時間
tr / tf 400ps Max. 20% ~ 80%
(VOH -VOL)
発振開始時間 t_str 10ms Max. VCCの最小規格値のtを0とする
周波数切替時間 TSET1 1.5ms Max. FSEL 端子に新しい周波数を設定後

*1 周波数許容偏差には周波数初期偏差、周波数温度特性、電源電圧変動特性、リフロー変動、周波数経時変化(+25°C,10年)を含む

partnumber

外形寸法図

外形寸法図

(単位: mm)


フットプリント (推奨)

フットプリント (推奨)

(単位: mm)

最適なジッタ性能を実現するためVCC-GND間のコンデンサ(0.1 μFと10 μF)をできるだけVCC端子の近くに配置してください

ブロック図

ブロック図

位相ノイズ

位相ノイズ

位相ジッタ

  Offset Frequency 100
MHz
125
MHz
156.25
MHz
250
MHz
312.5
MHz
500
MHz
625
MHz
Phase jitter *2 Typ. 12 kHz to 20 MHz 0.31ps 0.30ps 0.26ps 0.26ps 0.29ps 0.28ps 0.29ps

*2 最適なジッタ性能を実現するため、VCC-GND間のコンデンサ (0.1 μFと10 μF)をできるだけVCC端子の近くに配置してください


Page Top