社会課題への取り組み

私たちエプソンは、1942年の創業以来培ってきた「省・小・精の技術」をベースに、
世界中でお客様の期待を超える商品・サービスをお届けするべく、創造と挑戦を重ねてきました。

2016年には、2025年にありたい姿と向かうべき方向を示した長期ビジョン「Epson 25」を制定、
2021年にはその長期ビジョンを改定し「Epson 25 Renewed」を定めました。
「省・小・精の技術」でさまざま社会問題の解決に貢献し、持続可能でこころ豊かな社会を共創することを目指します。

エプソンが取り組む社会課題

social_01

これらの社会課題解決に向けエプソンが取り組むべき重要度の高い課題であるマテリアリティを特定しました。

4つのマテリアリティを実効性のあるものにするため、12のサステナビリティ重要テーマを設定し、
これらのテーマを中期活動計画に反映し推進することを通じ、
エプソンは社会課題の解決に取り組み、SDGs達成に貢献していきます。

拡大版はこちら(PDF, 130KB)

マイクロデバイス事業部の取り組み

マイクロデバイス事業部における取り組みの一例をご紹介します。


Page Top