発振器の出力波形と測定回路

  1. タイミングチャート

    タイミングチャート
  2. 測定条件

    • (1) 電源

      • DDの立ち上り時間 0 %→ 90 % 150 µs以上
      • 電源インピーダンスは抵抗換算2 Ω以下
    • (2) オシロスコープ

      • 入力容量15 pF以下
      • 周波数帯域測定周波数の5倍以上
      • プローブのアースリードの長さは極力短くしてください。
      • 周波数測定時のプローブインピーダンスは1 MΩ以上とし、波形との同時測定は不可。ただしオシロスコープのアンプ出力使用時は同時測定可。
    • (3) その他

      • CLはプローブ容量を含む。
      • 電流計は内部インピーダンスの小さいものを用いる。
      • 波形観測にはミニチュアソケット※を使用するのが望ましい。
        (アースリードは使用しない。)
      Miniature socket parts
  3. 測定回路 (SG/EG/HG/VG series)

    SG/EG/MG/HG/VG series

    TCO-****VG/TG/EG/XG series *1 : VC機能がある場合に接続

    • (1) CMOS 負荷

      Model
      TCO-710x
      TCO-708*X1A

      CMOS 負荷
    • (2) 抵抗、容量 負荷

      Model
      TG-5021CG/CE
      TG-5031CJ
      TG-5035CG/CE/CJ

      抵抗、容量 負荷
    • (3) TTL 負荷

      Model
      TCO-708*A1A

      TTL 負荷
    • (4) LV-PECL 負荷

      Model
      VG-4512CA

      LV-PECL 負荷
    • (5) LV-PECL 負荷

      Model
      EG-2121CB/CA
      XG-2121CA
      EG-4121CA

      LV-PECL 負荷
    • (6) LV-PECL 負荷

      Model
      EG-2102CB/CA
      XG-2102CA
      EG-2101CA
      EG-4101CA
      EA-2102CB

      LV-PECL 負荷
    • (7) LVDS 負荷

      Model
      EG-2121/2102CB
      XG-2121/2102CA
      EG-2121/2102CA
      EG-2101CA
      EG-4121/4101CA
      EA-2102CB

      LVDS 負荷
    • (8) HCSL 負荷

      Model
      EG-2121/2102CA
      EG-4121/4101CA

      HCSL 負荷
Page Top