発振器について

1. SPXO Simple Packaged Crystal Oscillator

温度補償、温度制御をせずに水晶の周波数安定度をそのまま引き出した発振器です。
ATカットまたはBTカットの基本波若しくはオーバートーンの水晶発振子と発振回路を同一パッケージ内に収納し、所定の電源電圧を印可頂くことにより、安定した信号出力を行うよう設計、製造されております。一般にお客様が水晶振動子をご購入頂き、発振回路を設計されてご使用頂く場合は水晶振動子の負荷容量指定、発振余裕度の確保、温度変化時の特性維持などアナログ設計要素が必要となりますが、クロック用水晶発振器はこのアナログ部分の設計製造を当社で行っており、その出力信号はTTL、CMOS IC等を直接駆動出来るようになっておりますので、装置設計の短期化や使用部品の共通化にお役立て頂けます。更にその他の機能として、外部制御電圧により出力周波数を制御可能なVCXO機能、制御信号により電源供給を行ったまま信号出力して出力端子を高インピーダンスに保つアウトプットイネーブル機能などを備えております。 また、その用途により多様な種類があります。

製品ラインナップ

SPXOの種類

クロック発振器 単出力を基本とする水晶発振器
プログラマブル 出力周波数が書込み可能な水晶発振器
Spread Spectrum EMI対策用として周波数拡散機能を有する発振器
Low_Jitter SAW共振子を内蔵した、低ジッタ水晶発振器
High-stability SPXOの中で特に高精度を意図して設計された水晶発振器
多出力タイプ 周波を複数の端子から同時出力する水晶発振器
セレクタブルタイプ 周波数選択が可能な水晶発振器

2. TCXO Temperature Compensated Crystal Oscillator

TCXOは周波数の安定度を高めるために、温度補償回路を設けた温度補償水晶発振器です。温度補償回路が発振ループの中に直接的に接続されているか、又は、発振ループの外にあって間接的に作用しているかによってその呼び方が異なります。一般的に前者を直接型TCXO(Direct - Type TCXO)後者を間接型TCXO(Indirect - type TCXO)と区別され、その回路構成を図1、2に示しました。

製品ラインナップ

構成回路図


図1 直接型TCXO の回路構成



図2 間接型TCXO の回路構成


3. VCXO Voltage Controlled Crystal Oscillator

VCXOはその発振ループにバラクターダイオードの如き電圧制御可変リアクタンス素子を設け、設定電圧に応じてその出力周波数を変化させることが出来る電圧制御水晶発振器です。このVCXOの制御電圧対周波数特性は、その傾斜が正(電圧の増加に従って周波数が高くなる)の場合と、負(電圧の増加に従って周波数が低くなる)の場合がありこれに応じて制御電圧の入力回路が図3、4の様に異なりますので御留意下さい。VCXOは位相同期系(フェーズロックループ)に於けるスレーブ発振器として、又、周波数変調器として、その用途が増々広がっております。 VCXOとTCXOを複合化した水晶発振器をVC-TCXOと称しております。これらは周波数の微調整を電気的に行なえるという利点があります。

製品ラインナップ

構成回路図


図3 VCXO の制御電圧特性(正特性)


図4 VCXO の制御電圧特性(負特性)



Page Top