セイコーエプソン:リアルタイムクロックモジュールの特長

概要

セイコーエプソンの水晶振動子内蔵リアルタイムクロックモジュール(RTCモジュール)は、低消費電力で高精度な日時情報の管理と共に、ウェイクアップタイマー、電源切替、タイムスタンプなどの豊富な機能でシステムの低消費電力化と多機能化をサポートします。

RTC

主な特長

  • 低消費電力構成なので、メインMCUが動作していない期間もRTCモジュール単独で計時・システムの異常などを記録できる。
  • 水晶振動子内蔵、また一部製品は温度補償発振器内蔵により、RTCモジュール単独で高精度な日時情報を保証・管理できる。
  • AEC-Q100/200対応製品も豊富にラインアップ。

推奨製品ラインアップ

RTC

全ラインナップはこちら

各種リンク

評価ボード(RX8900CE/RX8804CE)

ビデオ:RTC評価ボード使い方(RX8900CE, RX8804CE)

Linux® Driverダウンロードページ

ホワイトペーパー/テクニカルノート


Page Top