OIF規格準拠、400~800G小型光トランシーバ設計に最適な小型高精度発振器
SG2520EGN / SG2520VGN, SG2520EHN / SG2520VHN

 概要| 主な特長| 主な仕様| 特性| 主なアプリケーション| サイズなど

概要

Network 5GをベースとしたIoT ・ADAS導入に伴うデータトラフィック増加が顕著となっており、 ネットワークインフラは今まで以上に重要なものとなっています。大手ITベンダー中心にデータセンター 敷設が加速する中、内部やデータセンター間に使われる光モジュール向けの小型の水晶発振器のニーズが 高まっています。SG2520シリーズは本アプリケーションで要求される小型・低ジッタ・高精度を実現した 製品となります。本製品の主な特徴は以下となり、光モジュールの性能向上に貢献致します。

・QSFP-DD等小型トランシーバーでも十分な実装面積を確保(2520サイズ)
・HFF水晶振動子採用により低ジッタ19 fs Typ.を実現
・自社ICにて105 ℃ 高温下、且つ10年の長期エージングを含み ±20 × 10-6に対応
・PAM4、400ZR共に大手DSPメーカーから推奨

 *1 HFF (High-Frequency Fundamental) 水晶振動子:
  フォトリソ加工により、水晶チップの励振部のみを数ミクロンという極薄な構造(逆メサ構造)にすることで、
  チップの強度を保ちながら、高周波での基本波発振を可能にした振動子。 参照リンク 動画「HFFの優位性」

主な特長

・周波数範囲 (fo) : 25 MHz to 500 MHz
・サイズ : 2.5 x 2.0 x 0.74 mm
・出力 : LV-PECL (SG2520EGN / SG2520EHN), LVDS (SG2520VGN / SG2520VHN)
・電源電圧 (VCC) : 1.8 V Typ. (LVDSのみ) / 2.5 V Typ. / 3.3 V Typ.
・動作温度範囲 : -40 ºC to +105 ºC
・位相ジッタ (fo = 391.77 MHz, Vcc = 3.3 V) : 29 fs Typ. (LV-PECL), 19 fs Typ.(LVDS)

 製品ページはこちら  SG2520EGNSG2520VGNSG2520EHNSG2520VHN

主な仕様

SG2520xGNxHN

高周波・低位相ジッタ/低位相雑音特性

SG2520xGNxHN

     動画「HFFの優位性」

既存品からの改善点

RTC

RTC

RTC

RTC

主なアプリケーション

・ネットワーク機器(ルーター、スイッチ、光モジュール等)
・データセンター
・FA機器、計測器
・高速DA / ADコンバータ

テクニカルノート「5G 通信システム用リファレンスクロックの要求性能」(1684KB)

光モジュール/光伝送装置へのご提案

RTC

RTC

外形寸法およびフットプリント(推奨)

SG2520xGNxHN


Page Top