SG-8018CB (水晶発振器 プログラマブル +105°C対応 )

SG-8018CBシリーズSG-8018CBシリーズ

Complies with EU RoHS directive.Pb free.

  • 周波数範囲
    :0.67 MHz to 170 MHz (1 ppm Step)
  • 電源電圧範囲
    :1.62 V to 3.63 V
  • 機能
    :Output enable(OE) or Standby(ST)
  • 周波数偏差・動作温度
    :±50 × 10-6 (-40°C to +105°C)
    *経時変化(+25 °C, 10年)を含む
  • パッケージサイズ
    :5.0 × 3.2 (mm)
  • PLL技術による量産短納期対応、サンプル即納
  • プログラミングツール"SG-WriterII"(別売)でプログラム可能

タクミ商事株式会社にてサンプル / 量産書き込み対応中

TAKUMI_LOGO

株式会社チップワンストップにてサンプル書き込み対応中

C1S_LOGO

仕様(特性)

項目 記号 仕様 条件
電源電圧 VCC 1.80 V Typ. 2.50 V Typ. 3.30 V Typ.
1.62 to 1.98V 1.98 to 2.20V 2.20 to 2.80V 2.70 to 3.63 V
出力周波数範囲 f0 0.67 MHz to 170 MHz
保存温度 T_stg -40°C to +125°C 単品での保存
動作温度 T_use H: -40°C to +105°C
*1
周波数許容偏差
f_tol J: ±50 × 10-6 T_use= -40°C to +105°C
消費電流 ICC 3.2mA Max. 3.3mA Max. 3.4mA Max. 3.5mA Max. T_use= +105°C 無負荷
f0 = 20 MHz 
2.7mA Typ. 2.9mA Typ. 3.0mA Typ. T_use= +25°C
5.5mA Max. 5.8mA Max. 6.7mA Max. 8.1mA Max. T_use= +105°C 無負荷
f0 = 170 MHz
4.7mA Typ. 5.7mA Typ. 6.8mA Typ. T_use= +25°C
ディセーブル時
電流
I_dis 3.2mA Max. 3.2mA Max. 3.3mA Max. 3.5mA Max. OE=GND , f0 = 170 MHz
スタンバイ時
電流
I_std 0.9µA Max. 1.0µA Max. 1.5µA Max. 2.5µA Max. T_use= +105°C ST = GND
0.3µA Typ. 0.4µA Typ. 0.5µA Typ. 1.1µA Typ. T_use= +25°C
波形シンメトリ SYM 45% to 55% 50% VCC レベル
出力電圧
(DC characteristics)
VOH 90% VCC Min. [mA]
tr / tf VCC A B C D
標準
(f0>40MHz)
高ドライブ
IOH -2.5 -3.5 -4.0 -5.0
IOL 2.5 3.5 4.0 5.0
標準
(f0≦40MHz)
IOH -1.5 -2.0 -2.5 -3.0
VOL 10% VCC Max. IOL 1.5 2.0 2.5 3.0
低ドライブ IOH -1.0 -1.5 -2.0 -2.5
IOL 1.0 1.5 2.0 2.5
A: 1.62 to 1.98 V , B: 1.98 to 2.20 V
C: 2.20 to 2.80 V , D: 2.70 to 3.63 V
出力負荷条件
(CMOS)
L_CMOS 15pF Max.
入力電圧 VIH 70% VCC Min. OE or ST
VIL 30% VCC Max.
立ち上がり/
立ち下がり時間
標準 tr / tf 3.0 ns Max. f0 > 40MHz 20% VCC to 80% VCCレベル,
L_CMOS=15pF
6.0 ns Max. f0 ≦ 40MHz
高ドライブ 3.0 ns Max. f0=0.67to170MHz
低ドライブ 10.0 ns Max. f0=0.67to20MHz
出力停止時間 t_stp 1 µs Max. OE/ST・端子電位が 30 % VCC未満になる時点のtを0とする
出力開始時間 t_sta 1 µs Max. OE端子電位が70 %VCCを越えた時点のtを0とする
スタンバイ復帰時間 t_res 3 ms Max. ST端子電位が70 % VCCを越えた時点のtを0とする
発振開始時間 t_str 3 ms Max. VCC が1.62 Vを越えた時点のtを0とする
周波数経時変化 f_aging 周波数許容偏差に含む +25°C, 10年

*1周波数許容偏差には周波数初期偏差、周波数温度特性、電源電圧変動特性、リフロー変動、リフローシフト、周波数経時変化(+25 °C, 10年)を含む

端子説明

Pin 名称 I/O 機能
1 OE Input 出力イネーブル High: OUT端子から所定の周波数を出力
Low: OUT端子はウィークプルダウン、出力ドライバのみ停止
ST Input スタンバイ High: OUT端子から所定の周波数を出力
Low: OUT端子はウィークプルダウン 内部回路が停止し、消費電力が I_std まで最小化するスタンバイモードへ移行
2 GND Power 接地
3 OUT Output クロック出力
4 VCC Power 電源

品名例

品名例/製品型番

外形寸法図

外形寸法図

(単位: mm)

安定動作のため、電源端子(VCC-GND間)のなるべく近い場所に
0.1 µFのパスコンを付けてください。

フットプリント (推奨)

フットプリント (推奨)

(単位: mm)

Page Top