XG5032HAN (水晶発振器 低ジッタSAW発振器)

XG5032HANXG5032HAN

RoHS Compliantpb free

  • 周波数範囲
    :100MHz to 200MHz
  • 電源電圧
    :2.5 / 3.3V
  • Output
    :HCSL
  • 機能
    :Output enable (OE)
  • 外形寸法
    :5.0 × 3.2 × 1.4mm
  • SAWを使用した低ジッタ発振器

仕様(特性)

項目 記号 仕様 条件
出力周波数範囲 f0 100MHz to 200MHz 対応周波数はお問い合せください
電源電圧 VCC C : 3.3V ±0.33V
D : 2.5V ±0.125V
保存温度 T_stg -55°C to +125°C 単品での保存
動作温度 T_use A : 0°C to +70°C,
B : -20°C to +70°C,
D : -5°C to +85°C
周波数許容偏差 f_tol J : ± 50 × 10-6
L : ±100 × 10-6
消費電流 ICC 35mA Max. OE = VCC,出力負荷あり時
ディセーブル時電流 I_dis 15mA Max. OE = GND
波形シンメトリ SYM 45% to 55% at outputs crossing point
出力電圧 VOH 0.75 V Typ.
0.66V to 0.85V
DC特性、単出力
VOL 0 V Typ.
-0.15V to 0.15V
クロッシング電圧 VCR 0.25V to 0.55V  
出力負荷条件
L_HCSL 50Ω 下記測定回路参照
RS 33Ω
CL 2pF
入力電圧 VIH 70% VCC Min. OE 端子
VIL 30% VCC Max.
差動出力
立ち上がり/
立ち下がりレート
Rr / Rf 1 V/n to 4V/ns -0.15V から0.15Vの間 差動出力
発振開始時間 t_str 10ms Max. 最小電源電圧のt を 0 とする
位相ジッタ tPJ 0.3ps Max. f0 ≦ 160 MHz オフセット周波数:
12kHz~20MHz
0.4ps Max. 160 MHz < fo ≦ 175 MHz
0.2ps Max. f0 > 175 MHz
周波数経時変化 f_aging N : ± 10 × 10-6 / year Max. 初年度 +25°C,初年度,
VCC=2.5V,3.3V
A : 周波数許容偏差に含む 10年

 

型名

回路例

block
  • 発振器の電源端子(Vcc端子、GND端子)の直近に、0.01 μF ~ 0.1 μF程度のパスコン1を取り付ける。

  • 搭載基板の電源端子に、10 μF程度のパスコン2 を取り付ける。

  • 50Ω終端後の出力配線長Lは、下式の値とする。

外形寸法図

dimention

(単位: mm)

OE端子="H":OUT端子に所定の周波数を出力
OE端子="L":OUT端子はハイインピーダンス #2#3 はカバーに接続されています


フットプリント (推奨)

footprint

(単位: mm)

安定動作のため、電源端子(VCC-GND間)のなるべく近い場所に0.01 μF~0.1 μFのパスコンを付けてください。


Page Top