VG7050CDN (電圧制御水晶発振器 (VCXO))

VG7050CDNVG7050CDN

Complies with EU RoHS directive.Pb free.

  • 周波数範囲
    :85MHz ~ 170MHz
  • 電源電圧
    :3.3V Typ.
  • 絶対周波数可変範囲
    :± 50 × 10-6 Min.
  • 動作温度範囲
    :-40 °C ~ +85 °C
  • :-40 °C ~ +105 °C
  • 外形寸法
    :7.0 × 5.0 × 1.6mm
  • 出力
    :CMOS
  • 特徴
    :Output Enable(OE)機能搭載

仕様(特性)

項目 記号 仕様 条件
出力周波数範囲 f0 85 MHz to 170 MHz 対応可能周波数はお問い合わせください
電源電圧 VCC 3.3 V ± 0.165 V
保存温度範囲 T_stg -55 °C to +125 °C 単品での保存
動作温度範囲 T_use G: -40 °C to +85 °C
H: -40 °C to +105 °C
消費電流 ICC 30 mA Max. CL = 15 pF
周波数許容偏差 f_tol ± 50 × 10-6 Max. 10年エージング含む
絶対周波数可変範囲*1 APR ± 50 × 10-6 Min. VC = 1.65 V ±1.65 V
入力抵抗 Rin 10 MΩ Min. DCレベル
周波数変化極性 正極性 VC = 0 to 3.3 V
波形シンメトリ SYM 45 % to 55 % 50% VCC レベル
H レベル出力電圧 VOH VCC - 0.4 V Min.  
L レベル出力電圧 VOL 0.4 V Max.  
出力負荷条件(CMOS) L_CMOS 15 pF Max.  
H レベル入力電圧 VIH 70 % VCC Min. VIH または Open : Enable
L レベル入力電圧 VIL 30 % VCC Max. VIL または GND : Disable
立ち上がり/
立ち下がり時間
Tr / tf 2 ns Max. 20 % VCC to 80 % VCC レベル
発振開始時間 T_str 10ms Max. 最小電源電圧のtを0とする

*1 絶対周波数可変範囲 = 周波数可変範囲 - 周波数許容偏差
※ 電源立ち上げ時のVC印可電圧は、必ずVC = GNDまたはOpenとなるようにしてください。

外形寸法図

dimention

(単位: mm)

端子説明
OE端子
OE端子=“H”or“Open”:OUT端子に所定の周波数を出力
OE端子=“L”:出力停止、OUT端子は、ハイインピーダンス

フットプリント (推奨)

footprint

(単位: mm)

最適なジッタ性能を実現するため、VCC-GND間のコンデンサ (0.1 µFと10 µF) をできるだけVCC端子の近くに配置してください。

Page Top