RX-8571SA (低消費電流 I2C-Busインタフェース リアルタイムクロックモジュール)

RX-8571LCRX-8571LC

RX-8571NBRX-8571NB

RX-8571SARX-8571SA

Complies with EU RoHS directive.
  • 32.768kHz水晶振動子
    (周波数精度 調整済み)を内蔵
  • インタフェース方式
    :I2C-Busインタフェース(400kHz)
  • インタフェース電圧範囲
    :1.6V ~ 5.5V
  • 計時(保持)電圧範囲
    :1.3V ~ 5.5V
  • バックアップ時消費電流
    :220 nA / 3V (Typ.)
  • 32.768kHz出力機能
    :出力制御機能付きC-MOS出力
  • ユーザ RAM
    :128 bit (8bit × 16,SRAM)
  • 時刻・カレンダ機能他、アラーム機能、時刻更新割り込み、タイマ機能等
    (タイマ割込み:65535時間プログラマブルタイマ内蔵)

  • * I2C-Busは、NXP Semiconductorsの商標です。

ブロック図

Block diagram

機能概要

  • 32.768kHz出力機能
    • ハード(FOE端子)または ソフト(FSEL1,0bit)による
      出力のON/OFF制御や 32.768kHz,1024Hz,1Hzより選択出力可能。
  • タイマ機能
    • ソースクロック4096Hz,64Hz,1s,1min,1hから任意に選択し
      244μs ~ 65535時間まで設定可能
    • イベント発生時はTF-bitに自動記録され、/IRQ端子出力も可能。
  • アラーム機能
    • 曜 / 日, 時, 分の組み合わせで設定可能。
    • イベント発生時はAF-bitに自動記録され、/IRQ端子出力も可能。
  • ユーザRAM
    • 128bit (8bit x 16,SRAM)
  • DAS端子装備
    • I2Cデバイスアドレスを1bit変更可能

端子配置 / 外形寸法

Terminal connection External dimensions

(単位: mm)

※モールド部より内蔵水晶振動子の金属ケースが見えることがありますが、特性に影響はありません。

仕様(代表特性)

詳細仕様は「アプリケーションマニュアル」でご確認ください。

推奨動作条件

項目 記号 条件 Min. Typ. Max. 単位
動作 電源電圧 VDD - 1.6 3.0 5.5 V
計時 電源電圧 VCLK - 1.3 3.0 5.5 V
動作 温度範囲 TOPR - -40 +25 +85 °C

周波数特性

項目 記号 条件 規格 単位
周波数精度 Δ f/f Ta=+25°C
VDD=3.0V
5 ±23 *
(月差1分相当)
×10-6
発振開始時間 tSTA Ta=+25°C
VDD=1.6V
1 Max. s

* 高精度品については、ご相談ください。


消費電流特性

項目 記号 条件 Min. Typ. Max. 単位
消費電流 lDD FOE=/BM=”L”
FOUT=OFF
/IRQ=OFF
VDD=3.0V
Ta=+25°C
LC
type
220 400 nA
SA/NB
type
200 400
FOE=/BM=”L”
FOUT=OFF
/IRQ=OFF
VDD =3.0V
Ta= -40°C ~ +85°C
550 nA

Page Top